節電するには

女子とファイル

コンセントは基本的にまったく交換をする機会が少ない商品です。しかし、最近ではコンセントのさすところに特殊なコンセントをさして電力供給をすることによってその家電のW数を計ることができます。 この計測コンセントを交換することによって今刺さっているコンセントにどのくらいの電気が供給されていてどのくらい電気を消費しているかわかるので節電効果が高まります。 交換方法はとても簡単で、今ついているコンセントの前にこの電気消費を計る計測コンセントをさすだけでできてしまいます。 また、その計ったものから電気料金なども簡単に計ることができると思うのでとても便利で日常生活に欠かせないものになってきます。交換してからは計測が続くので気になったらすぐに確認がとれます。

コンセントの交換は、どのコンセントの部分を交換するのかによって、無資格者でもいいいかあるいは電気工事士の資格が必要かが分かれます。 コンセントでも壁の内部の電気系統を工事する場合には、電気工事士という有資格者でなければ行ってはならないとされていますが、壁から外部に関しては特にこの電気工事士等の資格がなくても一般的に交換等を行うことは可能であるとされています。 コンセントの交換のためによくホームセンター等で関係する部品を購入する場合がありますが、その際に商品の販売棚等に、「この部品の交換を行うためには電気工事士の資格を持つ人が必要です」といった注意書きがしてあることが見受けられますので、もし資格を持っていない場合には注意しておく必要があります。